2015年01月03日

スノーボード グラトリ ワンメイク

 style=
DVDでステップアップ! スノーボード グラトリパーフェクトBOOK (ブルーガイド・グラフィック) style=


ロッカーボードも確かにターンやプレスがとても楽ですが、オーリーの反発や着地の粘りを考えると、ダブルキャンバーボードに軍配が上がるのではと思ってしまいます。板に反発を求めずにより楽をしたいのならロッカーボードでも調子がいいと思います。ダブルキャンバーは全体的な構造はロッカー(板の中央からノーズ、テールに向けて反り上がっている)ですが、両足の下それぞれにキャンバーがついている構造のことです。これはボードの回転性が優れていながらも、二つのキャンバーで自在に板を跳ねさせることができるからです。板の長さは短いに越したことはありません。なぜなら板が短いと、より楽なボードコントロールが可能になり、少ないパワーでも強い回転力が生まれます。ただしスノーボードは全長が短くなると、ウエスト幅が細くなっていくのが一般的です。



各ショップのランキング上位の違いに注目してみてください!


>> スノーボードギアの最新売れ筋ランキングはコチラ (楽天市場)


2014年スノーボード セットの人気売れ筋商品ランキングはコチラ (Yahooショップ)


>> スノーボード用品の売れ筋ランキングはコチラ style= (Amazon)



posted by スノーボーズ at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード グラトリ ワンメイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スノーボード グラトリ 板 160cm

バートン スノーボード ボード・板 Burton Social Snowboard ブラウン

バートン スノーボード ボード・板 Burton Social Snowboard ブラウン




板の固さは柔らかい方が、これもまたボードを扱いやすくなり、オーリーも楽に行うことが出来ますが、あまりに柔らかすぎると今度は板自体の反発力が無くなり、踏み応えが薄れてしまいます。脚力に自身がある方や中級者以上の方は、少しハリのある板をチョイスしてもよいでしょう。ロッカーボードも確かにターンやプレスがとても楽ですが、オーリーの反発や着地の粘りを考えると、ダブルキャンバーボードに軍配が上がるのではと思ってしまいます。板に反発を求めずにより楽をしたいのならロッカーボードでも調子がいいと思います。今シーズンからのグラトリエントリーユーザーなら、まずはオーソドックスなポジティブキャンバーのソフトフレックスの板にするのが良いと思います。身体の動かし方と反発、変なクセを付けない為にも最適です。



各ショップのランキング上位の違いに注目してみてください!


>> スノーボードギアの最新売れ筋ランキングはコチラ (楽天市場)


2014年スノーボード セットの人気売れ筋商品ランキングはコチラ (Yahooショップ)


>> スノーボード用品の売れ筋ランキングはコチラ style= (Amazon)



posted by スノーボーズ at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード グラトリ 板 160cm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

グラトリ板 紹介





ダブルキャンバーとは、板の中心はロッカー形状でテールノーズ両側のビンディングの下辺りがキャンバーになっているという、ロッカーとキャンバーの良い所を?い摘んだ形状。中心がロッカーになっているので、操作性が高く逆エッジにもなりにくい。初心者の方や女性の方は柔らかめの板がオススメで、少ない力で滑ることができます。また上級者でも、グラトリやジブにおいて扱いやすいので好んで使う人もいます。デメリットとしては、柔らかいが故に高速滑走した際に板がバタついてしまって安定しません。ディレクショナルとは、テールよりもノーズが長く、テールとノーズの形状が異なる板を指します。なぜこのような形状をしているのかというと高速走行した時にノーズが長いと板が安定します。スポーツカーを想像してみると分かりやすいかと思いますが、前部が長いですよね。



各ショップのランキング上位の違いに注目してみてください!


>> スノーボードギアの最新売れ筋ランキングはコチラ (楽天市場)


2014年スノーボード セットの人気売れ筋商品ランキングはコチラ (Yahooショップ)


>> スノーボード用品の売れ筋ランキングはコチラ style= (Amazon)



ラベル:グラトリ板 紹介
posted by スノーボーズ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | グラトリ板 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。